にしはら幼稚園|千葉県柏市
  • お問合せ
保育内容
「子どもの中から生まれた遊びを大切にし、仲間同士のふれあいを通して、心も体も大きく成長してほしい」という願いが込められています。

自分でも信じられないほどの強い力がでたこと。思い切ってやってみたら出来てしまったこと。友達につられて踊ってみたらなんとも楽しかったこと。「できた」とか「できない」とかの成果そのものではなく、そのことへ向かう時の“挑み方”が成長そのものなのです。

「できたね」「やったぞ!」の喜びいっぱいの幼稚園でありたい。子どもの心に共感できる保育者でありたい。私たちは「心のこもった ていねいな保育」を心がけています。

本園は、創立当初から園内調理施設による完全給食を実施しております。“炊き立て”“出来たて”のおいしい給食がすべての活動の源となり、健康的に生きる力を育むものと思われます。おいしいごはんを食べていっぱい遊ぶ!!全ての基本はここにある!! その理念を実践しています。

幼児期には、いろいろな運動に親しみバランスのよい体を作ることが大切です。スポーツを楽しみ、集中力のある子どもに育ってほしい!!と願っています。走ったり、よじ登ったり・・・鉄棒にぶらさがったり 跳び箱とんだり・・・クラス対抗の応援に声をからしたり・・・と自分の体を動かす面白さや友達と力を合わせることの楽しさをいっぱい感じることができるように年齢別のカリキュラムを立てています。


幼稚園では、家庭の中や近所だけでは出会わなかった仲間や出来事に出会うことでしょう。はじめはこわいながらも、やがて好奇心をそそられ、新しい友だちをつくり、より広い社会へと歩き始めるのです。

初めて母親の手もとを離れた子どもたちは、トイレでのパンツの上げ下げにとまどうこともあるでしょう。しかし、たくさんの仲間たちが上手にするのを見て刺激され、自らするようになっていきます。集団生活の中で自立心を身につけた子どもたちは、家庭の中でも得意顔で身のまわりの始末をするようになっていきます。

大勢の子どもたちが集まってくる幼稚園では「水を飲む」ということひとつにしても「順番を待つ」というルールを守らなくてはなりません。家庭でとかく甘やかされがちな子どもたちも、幼稚園ではルールを守るようになっていきます。また、そうすることによってみんなと仲良くやっていけることを学び、社会性が育っていくのです。










幼稚園にご質問等がございましたらお気軽にご連絡ください。